BRING PLA-PLUSプロジェクトについて


 環境省では、容器包装リサイクル法「容リ法」の対象外であることから、多くの自治体で分別収集・リサイクルが行われず、焼却・埋め立てによる処理が行われている生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促すため、店頭回収によるリサイクルの実証事業「BRING PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」を、57企業・団体の協力の下、本年12月12日(月)から行います。
これまで、消費者、小売店、製造事業者等の協力の下、製品プラスチック等の効率的な回収システムの構築にむけた実証事業を通じて実態の把握と課題整理を行ってきました。  第6回目を迎える本プロジェクトでは、多様な事業者の連携に基づき消費者を含めた製品プラスチックの効率的案回収システムの構築、回収した製品の再資源化、再製品化を目指します。

PLA-PLUS体制図